オルソケラトロジーの基礎知識

オルソケラトロジーにかかる費用

オルソケラトロジーについていろいろとわかってきたところでやっぱり気になることと言えば、オルソケラトロジーにいったいどれくらいお金がかかるの?ということなのではないかと思います。

 オルソケラトロジーは残念ながら健康保険適用外の自由診療になっていますので、保険がきくほかの眼科治療に比べてどうしても費用は高めになってしまっていると考えられます。オルソケラトロジーに向いているか否かの検査費用には、数千円(5千円程度)かかりますが、病院によっては、治療費からの割引がある場合もありますし、オルソケラトロジーに向いていないということがわかった場合には、検査費用は、諸費用の数千円で済むこともあります。また、検査を受けたからといって必ずオルソケラトロジーを始めなければならないというわけではありませんので、選択肢のひとつとしてオルソケラトロジーを受けることができるのかどうかをお調べになるのもよいのではないかと思います。

 オルソケラトロジーの費用は、20万円台から40万円台が多いです。この費用には、両眼のレンズ代、初期費用などが含まれていることが多くなっています。病院によっては、数ヶ月目までの検診の費用が含まれているところもあるようです。オルソケラトロジーの費用に含まれるのが、ひとりひとりに合わせてオーダーメイドで作るレンズです。レンズは、平均して2〜3年はもつものですし、一度レンズを作ったことがある方なら、二回目以降のレンズ作成時に初期作成時とは違い、数万円(病院によって違いますが、3〜5万円程度)で二回目以降のレンズを作ってもらうことができるようです。また、病院によっては、オーダーメイドの特注レンズではない既製品のレンズを使用しているところもあるようです。既製品のレンズを使用している病院の方がオーダーメイドのレンズを使用している病院よりも価格帯は経済的になります。ただし、既製品のレンズを使用している病院でも追加料金を支払えば、レンズをオーダーメイドのものにしてもらうことは可能ですので、レンズについてもカウンセリングに行かれた時に一度ご確認されて、お決めいただければと思います。

 オルソケラトロジーにかかる費用は主にレンズ代になりますから、近視がやや強めの方は、軽い近視の方に比べてレンズ代が高くなってしまう傾向があるかもしれません。そのため、オルソケラトロジーの治療代も高くなってしまうことが考えられます。ちなみに、オルソケラトロジーのレンズには、きちんと度が入っていますので、レンズを入れて寝るまでの間や、夜中に何か問題が起こってしまったときにも安全に移動していただくことができるようになっていると考えます。

 オルソケラトロジーには、お試し用のテストレンズ(トライアルレンズなど病院によって呼び方は変わることがあります)があります。このテストレンズを数時間程度着用して様子を見ることは多くの病院で実施されているようですが、1週間程度のお試し期間を設けている病院も中にはあります。病院によって、このお試し期間にかかる費用も変わってきます。もっとも安い場合には、検査などの諸費用数千円のみで済むこと(オルソケラトロジーで十分な効果が得られないと判断された場合)もありますし、テストレンズの保証代金として、数万円(2〜5万円程度)を先払いしておかなければならないところもあります。また、病院によっては、テストレンズでお試し期間を過ごすだけで、オルソケラトロジーの費用とは別に、数万円(1〜3万円程度)かかる場合もありますので、オルソケラトロジーの診療に行かれる場合は、その病院の料金体系についてもホームページや口コミなどでよくお調べになるとよいでしょう。

 時期によっては、キャンペーンとして、テストレンズを1週間程度無料で使わせてくれる場合(諸費用の数千円程度はかかります)や、両眼10万円程度でレンズを作ってもらえるところもあるようです。ただレンズは目に入れて使うもの、稀にオルソケラトロジーのレンズとしてアメリカで認可されている2社以外の外国製のレンズを格安で提供しているところもあるようですので、あまりに安すぎるなと思われた場合には、レンズについて一度訊ねてみられてはいかがでしょうか。

 オルソケラトロジーは、保険外治療であり、医師の管轄のもとでレンズの使用が許されているものにですので、レンズを着用している間は、検診に行く必要があります。この検診の費用も最初の数ヶ月分はレンズ代に含まれていることがありますが、その後は実費となりますので、ご注意いただきたいと思います。