オルソケラトロジーを受けるには

オルソケラトロジー治療の流れ

オルソケラトロジーを実際に受けてみよう!と決意された際には、まずは病院を探して、病院に予約を入れることから始まります。オルソケラトロジーの施術を希望される場合、予約が必要になっている病院が非常に多くなっていますので、ご自分が行きたいとお考えになられた病院が要予約でないかどうか、よくお調べになられて、まずは病院に予約の電話を入れるところから、はじめてください。

 オルソケラトロジーを始める際には、どの眼科の病院に行かれてもオルソケラトロジーの施術内容の説明などを受けるカウンセリングや適性検査を受けていただくようになっています。カウンセリングでは、オルソケラトロジーの施術内容をよくお確かめになるとともに、不安に思っていることや知りたいことがあれば、このときにお医者様とよく相談されることをおすすめします。

 カウンセリングの後には、オルソケラトロジーを受けるのに適しているのかどうかを判断するため適性検査を受けることが多いようです。このとき同時に普通の眼科でよく行われている眼科検査も受けることになります。また、この検査のときに目に何か疾患がないかどうかのチェックもされますので、目に何か疾患がある場合には、オルソケラトロジーの施術を延期しなければならないこともあると思いますし、このときの検査結果によっては、オルソケラトロジーを受けることができないこともあります。

 適性検査では、「角膜形状解析検査」という検査を受けることになります。オルソケラトロジーは、角膜の上に特殊なレンズをのせて眠ることによって、角膜の中心部分を平らな状態にして、一時的に視力を回復させることを目的とした治療法です。角膜は基本的にはとても柔軟で容易に形状に変化をつけやすいものになっているのですが、人によって角膜の形や状態も少しずつ違うものになっています。ですので、この検査はオルソケラトロジーにとってとても大切な検査になっています。こういうことを言うとなんだかとても複雑で怖い検査のような気がしてしまうかもしれませんが、この検査は「トポグラフィー」という機械を使ってされるもので、コンタクトレンズなどを作ったことがある方なら誰でも一度は経験のあるものになっていますのでご安心ください。オルソケラトロジーもレンズを利用するものになっていますので、この検査が必要になるのも当然といえば、当然のことです。でもあまり不安に思われる必要はないでしょう。オルソケラトロジーに限らず、レーシック手術をされる際にもこの検査は必要なものになります。適性検査ではほかにも眼圧検査などが行われます。

 さて、カウンセリングや適性検査の結果、無事にオルソケラトロジーを受けることができると判断されれば、基本的にお医者様の側からはOKが出たことになります。しかし、お医者様が施術を受けることができますよとおっしゃってくださったところで、施術を受けるご本人にオルソケラトロジーの施術が合わなければ元も子もありませんよね。多くのオルソケラトロジーを受けることができる病院では、テストレンズ(トライアルレンズと呼んでいるところもあります)を試着してみることができるようになっています。テストレンズを1時間ほど試着してみて様子を見る病院もあれば、1週間ほどのお試し期間を設けている病院もあるようです。こればかりは病院によって変わって来るものになっていますので一概に言えませんが、コンタクトレンズ初体験であるという方は、できればお試し期間を設けている病院を選ばれることをおすすめします。実際にコンタクトレンズ初体験でオルソケラトロジーを体験された方の中には、目の中にレンズを入れるということ自体に慣れることができず、この治療法をあきらめてしまわれた方もいらっしゃるようです。お試し期間の間は、実際に夜テストレンズを使用して眠ることで、次の日の朝、どのような状態で見えるようになるのかということを実感していただくことができます。コンタクトレンズを使われている方でも、夜レンズをしたまま眠るというのは経験したことのないことですし、うつ伏せなど、寝方にくせをお持ちの方もこのときにオルソケラトロジーを受けるのかどうかを一度よくお考えになっていただくとよいのではないかと思います。

 オルソケラトロジーで使用されるレンズは、基本的にオーダーメイドのレンズになっています。検査後にレンズを注文する必要があります。テストレンズの結果を見て、当日中にレンズを発注することもできますし、一度自宅に戻ってお考えになられてから、後日レンズの注文をすることもできるようです。お試し期間を設けているところであれば、少しゆっくりとオルソケラトロジーを受けるか否か考えていただくこともできますが、テストレンズと実際にオルソケラトロジーを受ける際に利用するオーダーメイドで作られたレンズとでは、かなり違いがあるとも考えられますので、テストレンズはおおまかなオルソケラトロジーの形を知るとともに、レンズの付け心地などを確認するためのものとお考えいただきたいと思います。オルソケラトロジーの施術によって、一日中裸眼で過ごすことができるようになるまでには多少なりとも時間がかかりますし、テストレンズは自分のために作られたものではないということも念頭におかれた上で、お試しになっていただければと思います。

 実際にレンズが出来上がってきてからは、オーダーメイドのレンズを着用して、オルソケラトロジーを続けていただくことになります。オルソケラトロジーを受けている間は定期的に病院に検診に行く必要があります。特に初めてレンズを着用した翌日にも検診を設けている病院が多くなっていますので、あまり家から遠くはない病院をお選びになられることをおすすめします。定期検診の間隔は、1週間間隔から、使用期間が長くなるにつれて、1ヶ月間隔から3ヶ月間隔へと変わっていきます。オルソケラトロジーは保険外の自由診療ですので、お医者様の指導のもとで施術を続けていただくことが非常に大切です。定期的な検診も含めて施術を受けることができることが、オルソケラトロジーを受けるために大切な条件のひとつであるといえるでしょう。